ランニングでポイ活!トリマを使って10kmランニングやってみた!

ここ最近ポイ活アプリを活用してお得にポイントをゲットしている方が増えているようですね。
筆者もいくつかポイ活アプリは活用しております。
その中でも「トリマ」というアプリを使って、ポイ活をしていましたが、これはランニングと一緒にしてみたら面白いのでは?と思いました。

今回はそのポイ活アプリ「トリマ」を起動してランニングを10kmした時、どのくらいのマイルが貯まったかを検証してみました!

「トリマ」とは?

出典:トリマトップ画面より

まずは「トリマ」とはどのようなポイ活アプリなのかをご紹介したいと思います。

「トリマ」とはポイ活アプリの一つで歩数と移動距離が各社ポイントと交換ができる、マイルとなるものです。
マイルの貯め方は、移動距離については位置情報をオンにし、その位置情報に基づいてどのくらい移動したかを画面に表示されているタンクが満タンになった時にマイルを回収するシステムです。
歩数はヘルスケアなど、歩数を計算するアプリと連携をして歩数に基づいてマイルを稼ぐシステムです。

・ポイント内訳
移動距離:タンク1本につき25マイル(広告視聴で100ポイント)※現在は15マイル、広告視聴で60マイル
歩数:1000歩につき15マイル(広告視聴で60ポイント)


広告を見てポイントを得ると、ガチャが始まり、スロットのコインもしくはマイルが当たります。
マイルの場合、一気に10万マイルが当たることもあるようです。。。

広告を視聴するとマイルが4倍になること、移動距離でマイルが貯まるスピードが3倍になるシステムなど、マイルを貯めやすくするような嬉しい機能もあります!
その他定期的に配信されるアンケートへの回答もマイルを貯めることができます。

30,000ポイント貯めるとPONTAポイントや楽天ポイントなどに、その他コンビニのコーヒーの無料クーポンなどにも変えることができます!

_by3dP_hR

登録時に招待コードを入力すると5,000マイルがもらえます!

「トリマ」を使って10kmランニングをしてみた!

では、トリマを起動してランニングをすると、どれくらいのマイルとなるのかを試してみました!

今回条件としてはランニング前にタンクが貯まるスピードを3倍速モードに切り替え、マイル獲得時には広告視聴をしました。

ランニングを開始してみて、1km毎に確認をしてみましたが、思いのほか貯まらない、、、といった印象で、確認するタイミングを3km毎くらいにしてみました。
タンクは3本までキープできるので細かくチェックしなくても問題ありません。

10km走り終わってからはその道中に貯まったマイルを計算してみました!

結果はタンク3本分と92%でした!(392%)
10kmで392%なので、マラソンに換算するとこのようになります。
ハーフマラソン:約820%(タンク8本分)
フルマラソン:約1,650%(タンク16本分)

また、歩数は1kmあたり約1,000歩のため、600マイルの獲得が可能です。

現在は歩数でも2倍速があるので、1,200マイルが獲得可能です。

そうなると合計で最低2,100マイルは獲得可能です。
また、広告閲覧のガチャを引けば100マイルが当たる確率もあるため、10㎞のランニングで1日3,000マイル以上稼ぐことも可能です!

フルマラソンとなると結構なマイルを稼ぐことができますね!
ちなみに歩数は10,000万歩が最大のためご注意ください!

実際にやってみての感想

実際にトリマを起動してランニングをしてみての感想は、電車移動に勝る移動距離の稼ぎ方はなかなか見つからないなと思いました・・・笑
もちろん健康増進とポイ活ができるので、電車移動と含めてできるととてもポイントが貯まりやすくなると思います!
特に通勤で長い距離を移動する方にはおすすめのアプリになってくると思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
トリマはランニングやウォーキングで健康とポイントをお得に貯められるアプリです。
ぜひ試してみてください!

_by3dP_hR

登録時に招待コード入力で5,000マイルがもらえます!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です