【仮説】ランニングのパフォーマンスと音楽の関係

みなさんランニングをしているときに音楽は聴いていますか??

アップテンポな曲で気分を上げることが多いと思いますが、今回はランニングのリズムと音楽のリズムについて仮説を書きたいと思います!

なぜ音楽がランニングのパフォーマンスに影響を与えるか?

あくまで仮説ですが、ハーフマラソンで頭の中で音楽とピッチを掛け合わせていたら後半にタイムが伸びたのでシェアいたします!

マラソン前に聴く音楽を変えて、ウォーミングアップやレース中のリズムの安定に繋げていこうと考えてます。

これはトレーニングの一環にもなるかと思います。

どのような指標が用いられるか?

テンポの単位に「bpm」というものがあります。

ランニングではよく心拍数の単位で目にしますね。

そしてランニングの速度は、

「ピッチ×ストライド=走速度」。

ガーミンではピッチは「spm」となっていますが、

これをアップやレース中に意識する事で、

ピッチの落ち込みによるレース中のペースダウン

を抑えられると考えています。

そのためには、

・自分がいつもどのくらいのピッチで走っているのか。(マラソン中のペースが好ましいです。)
・音楽のbpm

を知る事が必要です。

自分のランニングのピッチはGPSウォッチなどがあれば知ることができます。

また、音楽のbpmに関しては、

「Walking Player」「Hi! Tempo Player 」などのアプリで、iTunesのライブラリにある音楽のbpmを出してくれます。

bpmを自分好みのピッチに変更までできてしまう優れものアプリです。

出典:iTune STORE/walking playerより

実際にランニングのピッチと当てはめると?

僕の静岡マラソンの時の平均ピッチは180/分でした。

序盤は182/分くらいで刻んでましたが、ペースが落ちた頃は178/分くらいまで落ちていました。

いいペースを保ち続けるためには、だいたい180~182/分くらいのリズムを足踏みでも、腕振りでも、手を叩くでもいいので、身体に覚え込ませることが大事だと考えています。

ちなみに実業団のランナーは遅くても180/分、ピッチが速い選手は200/分にもなります。

ただ、この速さは身長やストライドの大きさの影響を受けるため、自身と身長が同じくらいの選手がいれば動画などを見てピッチを測り、参考にすると良いと思います。

自分のランニングにはどんな曲が良いか?

自分のライブラリにあった該当しそうな曲がこれ。

福笑い/高橋優 bpm182

見たこともない景色/菅田将暉 bpm183

虹/高橋優 bpm183

他にも、、、

明日も/SHISHAMO bpm179

これが自分には良さそう。

有名?な曲だと、

花束/back number bpm160

太陽ノック/乃木坂46 bpm165

42.195km/コブクロ bpm167

SHAMROCK/UVERWORLD bpm170

Butter-Fly/和田光司 bpm172

友達の唄/BUMP OF CHICKEN bpm176

前前前世/RADWINPS bpm190

歩いて帰ろう/斉藤和義 bpm192

JAGUAR/春畑道哉 bpm199

All My Tresures/織田裕二 bpm200

など。

アップテンポな曲がリズムが速いというわけではなく、少しスローテンポ気味な曲でも自分のピッチとピッタリハマる曲があるんだなと思いました。

出典:iTune STORE/Hi! Tempo playerより

終わりに

いかがでしたでしょうか?

あくまで個人の見解ですが、自分のライブラリにある曲がマラソンにも活きる可能性があると思います。

実際イヤホンなどを紹介するWEBサイトでもリズムとランニングに関して紹介されていたり、

自分自身もランニング中にピッチが安定すると、とても気持ち良く、楽しく走る事ができます。

現在はマラソンも数が限られていますが、出場する方の何かの助けになればと思います!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です