ランニングがストレス解消に良い効果を与える?その理由とは

多くの方のランニングを行うきっかけや理由とは何でしょうか?

おそらく十人十色だと思います。

今回はその中でも、心の健康・メンタルヘルスについて、自身の経験も踏まえて、

ランニングがストレス解消にどのような効果を与えるのかご紹介します。

ランニングはなぜ行うのか?

そもそもランニングをするのでしょうか?

  • 運動不足を解消したい
  • 健康な身体を維持したい
  • もっと良い記録で走れるようになりたい

など、身体の健康やパフォーマンス向上を目的とする方が多いと思います。

または、

  • 心・気分のリフレッシュ
  • ストレス解消

など、

仕事などで溜まったストレスを解消する目的や、自分に自信を付けたいなどの理由でランニングを行う方もいらっしゃると思います。

ランニングがストレス解消にも効く?

では、ランニングはメンタルヘルスに効果があるのでしょうか?

メンタルヘルスにおいて、運動を行うことも治療の一つの方法とされています。

多くの方は経験があるかと思われますが、仕事中に簡単な肩や腰のストレッチを行うことで、体や気持ちが軽くなり、再度仕事に集中することができるようになります。

さらに運動にはうつ病などの精神疾患にも改善の効果があるという研究成果の報告もあるようです。

また、定期的な運動習慣は熟眠を促進する効果も認められています。

生活習慣の乱れがストレスの引き金になっている可能性もありますので、それに対して運動習慣を身に付けることによりストレスの軽減につなげることも方法としてあります。

ランニングに関しては外に出て走るという運動になるので、身体への負荷が少ない速さ、ウォーキングと混ぜるなどの工夫が必要かもしれません。

ただし、ランニングは全身を使って行う有酸素運動のため、身体の体温を上げながら筋肉をほぐし、温まった身体の状態で息をゆっくり整えながらストレッチを行うことで、身体の緊張をなくすことがストレス解消の近道と考えられます。

不安や緊張は筋肉の緊張との関連があるため、ランニングにおいてはこれを意識することがストレス対策と言えるでしょう。

※参考:メンタルヘルスマネジメント検定試験公式テキスト・2種ラインケアコース

【筆者の例】ランニングを心の健康に活かす方法

私の場合、どのようにしてランニングとメンタルの健康を紐づけているか、ご紹介いたします。

私も数年前に精神科に通ったことがあり、当時は休みの日も気持ちは落ち着かず寝込むようになり、仕事でもありえないようなミスをするようになり、負のスパイラルの中にいました。

当時からランニングは趣味として続けていましたが、今まで走れていたペースでもすぐに息が上がりってしまい、ランニングでも気持ちは晴れることがありませんでした。

ただ、ここから抜け出すきっかけもランニングにありました。

次の3点です。

  • マラソン大会に出る
  • ランニング仲間の存在
  • 自分でも遅いと思うペースでランニングをする

です。

メンタルが絶不調の時、すでにマラソン大会へのエントリーを済ませており、欠場するのももったいないので出場をしました。

この頃なかなか力を振り絞って身体を動かす機会はなかったので、出来る限りの力を振り絞った走りをしました。

結果はまずまずでしたが、応援を受ける中で走りゴールした時の爽快感はやはりとても気持ちがよく、久しぶりに達成感を得ることができました。

ランニング仲間との繋がりもこのマラソン大会で久しぶりにあり、好きなことを通じて話が出来ること、お互いに健闘を称え合うことの良さに触れることができ、やはり繋がりは大切だということを強く感じました。

これら2点と休養がきっかけで、絶不調だったメンタルも回復してきました。(このタイミングで転職も行っています)

次にメンタルを落ち着かせるために取り組んだことは、自分でも遅いと思うペースでランニングをすることでした。

条件としては、1kmあたり7分ペースを30分維持してランニングすることに集中することです。

ペースを守ることに集中することで、余計な考えや情報を頭からなくし、疲労を最小限に抑えることを目的としていました。

逆に余計な考え事や情報が頭にあると、簡単にペースが乱れるため、ランニングに集中していないということがすぐにわかります。

自分の癖として、ネガティブな考えやありもしない未来を頭の中で描いてしまうということがあるため、そのような考えを取り払うために取り組んでいました。

このような目的でランニングを行うことで、走り終わったあとは気持ちよく汗を流すことができ、疲労は最小限に抑えることでメンタル面のストレスも抑える事ができました。

また、疲労なくランニングを終えることによる達成感も体感することができるようになりました。

元どおりとは言えませんが、これら3つのことにより、新しく何かにチャレンジしたいなどポジティブ思考が再び生まれるようになり、今では仕事もランニングも順調に進めることができるようになりました。

ランニング仲間の皆さまには日頃支えていただき、本当に感謝です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

ランニングの効果は、ランニングを続ければ続けるほど出やすくなってきます。

これらの目的や目標を叶えるためにランナーは日々ランニングを行なっています。

ストレス解消のためにランニングを行うことは素晴らしいチャレンジだと思いますが、ストレスにも段階がありますので、私のように何かをやらないとと意識的に動くことも方法の一つだと思いますが、ご自身の体調と相談して、チャレンジしようと思ったタイミングで取り組んでみるのが良いと思います。

ストレス解消のためにランニングを行う方の参考になれば幸いです!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です