ワンコインでフィット感が変わる!asicsの靴紐・パワーホールドシューレースとは?

皆さんはランニングシューズとランニングソックス以外にも重要なアイテムがあるのをご存知でしょうか?

それはシューレース、いわゆる靴紐です。

よく見るとランニングシューズごとに色々なシューレースがあります。
今回はアシックスのランニングシューズの靴紐・パワーホールドシューレースについてご紹介いたします!

ランニングシューズの靴紐ってどんなのがある?

まず、ランニングシューズにはどのような靴紐があるのかご紹介いたします。

一般的にランニングシューズには3種類ほど靴紐があります。

  • 丸紐:締め付けが強くなく優しい足当たり。時間が経つと足に合わせて靴紐も緩んでくる。クッションが強いランニングシューズに多い。
  • 平紐:軽くてフィット感に優れる。スピードトレーニング用やマラソン用のランニングシューズはこれが多い。
  • 平紐(細いタイプ):平紐よりもきめが細かく、ざらっとした手触りが特徴。マラソン用のランニングシューズに多い。

このようにいくつか種類があります。
これらの選び方によってはランニングに大きな影響が出てきます。
その中でもパワーホールドシューレースは3つ目の平紐かつ細いタイプの物に分類されます。

パワーホールドシューレースって何?

出典:パワーホールドシューレース | ブルー | メンズ シューレース・中敷 | ASICS

では、パワーホールドシューレースとはどのような靴紐なのかご紹介します。
パワーホールドシューレースはasicsが販売する靴紐の一つです。
特別ランニング用ということではありませんが、ランニングでは特に力を発揮する靴紐だと思います。

まずは形ですが、靴紐には珍しい、紐の中心は細くざらざらした手ざわりで、結ぶ時に持つ先端部分にかけては少し幅が広くなって柔らかくなっています。

カラーバリエーションが豊富で税込み440円でランニングシューズのフィット感が劇的に変わるかもとなったら購入して試してみてもよいと思いませんでしょうか?

私がランニングシューズを販売していた時、パワーホールドシューレースも一緒に販売しておりましたが、試していただいたお客様がまた来てくださり、
「これものすごくいいよ!!」というお言葉もいただけたアイテムになります。

丸紐だと長時間のランニングで靴紐の緩みによって走りのフォームにのバランスが悪くなる可能性がありますが、
パワーホールドシューレースであれば長時間のランニングでも走り始めと変わらないフィット感が長く続きます。

クッションが強めのランニングシューズや運動靴では丸紐が多いですが、早く緩んでしまう場合もあるので、足にシューズをしっかり合わせたいときにはパワーホールドシューレースはとてもおすすめです!

もちろんスピードが求められる1500m、5000mやハーフマラソンなどの長距離を走る場合にもとてもおすすめの靴紐です!

実際にパワーホールドシューレースを使ってみた!

実際にパワーホールドシューレースを使って走ってみました!
筆者はadidasのadizero takumi renとasicsのターサージールにパワーホールドシューレースを使ってフルマラソンを走りました。
ジョギングやランニング用でもasicsのロードホークにパワーホールドシューレースを使用していました。

ちなみに普段履いているランニングシューズの大きさが26.0で、パワーホールドシューレースの長さは120㎝を使用していました。
※130㎝だと長さが結構余ってしまいます。

履いて結んだ時のピタッとするフィット感はほかの靴紐では味わえない感覚があります。
そのため、ランニングシューズが足に吸い付くような感覚をより強く感じることができました。

実施に走り出すとまず思うのがランニングシューズが軽く、足が回る感覚。
ランニングシューズと足が一体化している感覚が強いため、ランニングシューズがより軽く感じスピードもすごく出しやすく感じました。
そのおかげもあり、当時はフルマラソンを走るたびに自己ベストを小刻みに更新できていました。

ワンコインでランニングが変わる可能性を秘めたアイテムなので、ぜひたくさんの方に試していただきたい超おすすめアイテムです!

終わりに

いかがでしたでしょうか?
パワーホールドシューレースは大型スポーツ用品店での取り扱いが多いため、目にする機会も実はあったのではないでしょうか?
ぜひ今度スポーツ用品店に訪れた時には靴紐のコーナーをチェックいただき、パワーホールドシューレースの実物を手に取っていただければと思います!
フィット感がワンコインで変わる、超おすすめ商品です!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です