GARMIN(ガーミン)のランニングウォッチご紹介「ForeAthlete® 35J」

ここ最近ではスマートウォッチの登場により、スポーツで使うための時計も数が多くなってきております。
スペックも高いものが多く、どれを選べばよいかわからないという方もいらっしゃると思います。
今回はランニングをこれから始めようという方にもおすすめできる、ランニングウォッチの「GARMIN ForeAthlete®35J」をご紹介します!

GARMIN(ガーミン)ってどんなランニングウォッチがあるの?

まずGARMINのランニングウォッチかどのようものかをご紹介いたします。
GARMINはGPS機能を持ったランニングウォッチを中心に多くのランナーに愛されています。
主な機能としてはGPSを搭載することでランナーが走った距離やペースを計測することがあります。
また、心拍数も計測することができ、自分の体にどれだけの負荷がかかっているのかもすぐに分かります。
モデルによっては音楽の再生機能、代金支払い、通話、フォーム分析もできるものもあります。
リーズナブルなモデルでも、基本的な機能はそろっているので、とても扱いやすいランニングウォッチです。

「GARMIN ForeAthlete® 35J」の特長は?

では「GARMIN ForeAthlete® 35J」はどのようなランニングウォッチで、どのようなところが強みなのでしょうか。 
私が考える「GARMIN ForeAthlete® 35J」の強みは、
・求めやすい価格
・シンプルな機能
・4種類のカラーが選べる
この3点だと考えています。
 GARMINのランニングウォッチは価格は25,000円前後のモデルから、10万円を超えるモデルもあります。
「GARMIN ForeAthlete® 35J」は税別22,963円と、GARMINのランニングウォッチとしてはリーズナブルな価格帯となります。
機能性に関してはGPS機能、心拍数計測、専用アプリでのワークアウト管理など基本的な機能がそろっていますので、ランニング初心者の方でも手に取りやすいモデルです。
「GARMIN ForeAthlete® 35J」のデザインについては、GARMINのウォッチでは珍しく4種類のカラーを選べます。
また四角形の画面もスタイリッシュでカラーによっては普段着用としても使えると思います。

出典:ForeAthlete 35J | スポーツ・フィットネス | 製品 | Garmin | Japan | Home

実際に使ってみた!

実際に「GARMIN ForeAthlete® 35J」を購入して走ってみました!
まずはGPS機能と心拍数計測を行うかどうかを設定をしたほうがいいです。
GPS機能と心拍数計測を使用しなくてもタイム計測は可能です。
ちなみに、その両方を使用しない場合、バッテリー消費もおさえることができます。
使用する場合、GPSと心拍数のセンサーがそれぞれ機能する状態になるまで待ちます。
立地条件にもよりますが、できれば外の広い場所での待機をおすすめします。
それそれが感知できたらランニングをスタートします。
画面には走行時間や走行距離、心拍数などが表示され、これらを2画面で確認することができます。
画面のレイアウトも設定することもできます。
距離計測については1kmごとや5kmごとなど、設定内容によってアラートでタイムを速報してくれます。

上記から、GPSの感知後にスタートをすればワークアウト終了後までウォッチが一元管理をしてくれますので、GARMINの中では低価格なランニングウォッチではありますが、充分な機能です。
着け心地も軽量かつスタイリッシュなデザインでとても良いです。

どこで買える?

基本的には大型のスポーツ用品店で多くのモデルを取り扱っていますので、そちらでのお求めがほかのモデルとの比較もできるためおすすめです。。
家電量販店にも取り扱いがありますが、モデル数が少ないことが多いです。

終わりに

「GARMIN ForeAthlete® 35J」のレビューはいかがでしたでしょうか?
価格、機能性、デザイン、どれをとってもGPS機能付きランニングウォッチを初めて手にする方にはおすすめのモデルです。
ご自身にぴったりのランニングウォッチを手に入れて楽しいランニングを始めましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です