ランニングにおすすめ!ランニングサングラス【Airfly(エアフライ)】とは?

ランニングアイテムのお試しシリーズも定番化してきましたね!
今回はジゴスペックが販売するスポーツサングラス、Airfly(エアフライ)のランニング用サングラスについてご紹介いたします!



【Airfly(エアフライ)】ってどんなサングラス?

まずはAirfly(エアフライ)がどのようなランニングサングラスかをご紹介いたします。

Airflyは株式会社ジゴスペックが販売するスポーツ用サングラスです。
株式会社ジゴスペックは福井県鯖江市に本社を持つため、Airflyは国産のスポーツサングラスということになります。

ここ最近では大学駅伝を走る選手や実業団の陸上選手も着用しており、定期的に練習会を開くなど市民ランナーにも浸透が広がっています
販売価格は20,000〜27,000円の間となっています。

Airflyの最大の特徴は通常サングラスには必ず付いている鼻パッドがないことです。
鼻パッドをなくし、フィット感を高めるためにサイドパッド(こめかみ部分ににあるパッド)を使用しています。

この技術は国外でも認められ、特許として認定されているほどのハイクオリティなサングラスです
こちらの部分を次項で掘り下げていきます!



【Airfly(エアフライ)】の特長は?

ではAirflyの特長にはどのようなものがあるのでしょうか?

前述した通り、鼻パッドを使用してなく、サイドパッドでフィット感を調節するのですが、ここにメリットが沢山詰まっています。
普段からサングラスやメガネを使用している方であればお分かりになるかもしれませんが、長時間着用していると鼻パッドによる圧痛が出てきますがAirflyのサングラスにはそれがありません。

サイドパッドは幅の調節も可能なため、個人個人に合った適切なフィット感にすることができます。

また、鼻パッドがないことにより、鼻が低くてサングラスがずれてしまっていた方にもおすすめのサングラスとなります。

男女ようとキッズ用サングラスも揃えており、デザインも豊富で、レンズとサングラスの組み合わせのバリエーションが豊富であることもAirflyの大きな魅力です!


【Airfly(エアフライ)】で実際に走ってみた!

実際にAirflyを着用してランニングをしてみました!

私が購入したのはAF-301というモデルのBLUE CAMOUFLAGEというカラーで、レンズはC-3のパープルゴールドです。
元々一目惚れするくらいカッコいいデザインでしたが、実物を見ると改めてそのデザインに魅力を感じます、、!

ランニングをする前にまずはサイズ調整を行います。
サイドパッドは手で曲げて調節することができるため、少しずつ曲げてちょうどいいフィット感の角度を探していきます。
サイズが調節できたらランニングをスタートしますが、着用してみてまず感じたことが軽いということです。

フィット感がとても良いこともあり、サングラスを掛けている感覚があまりありません。
また、走っていてもズレることもありませんでした。
通常のサングラスであると、長時間ランニングをすればレンズ少し曇ってきたりしますが、Airflyは鼻パッドを使用していないため、そのようなことも起きませんでした。

鼻パッドによる痛みとレンズの曇りに悩まされていたので、それらのストレスから解放されるような素晴らしいランニング用サングラスであると思いました!



【Airfly(エアフライ)】はどこで買える?

現状大型スポーツ用品店にはまだあまり展開されていないようですが、眼鏡屋やサイクリングショップでの取り扱いが多いようです。
詳しい取り扱い店舗は下記をご確認いただければと思います。
 
オンラインストアであればレンズとフレームの組み合わせもわかりやすく、簡単にお買い物ができます!

終わりに

いかがでしたでしょうか?
気になっている方は店舗や試着会でまずは試着をしてもらえるとその魅力が分かると思います。

鼻パッドによる痛みや、レンズの曇りによるストレス、サングラスのズレが気になる方にはとてもおすすめのランニングサングラスになります!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です